欅坂46にゅーすらぼ

欅坂46に関する様々な情報をお届けするブログです。

欅坂46初のイベント『お見立て会』会場潜入レポート!

      2016/03/18

11月14日のお見立て会に行ってきました。

2015年11月14日、ついに欅坂46にとって初のイベント『お見立て会』が開催されました!

管理人も11月14日16:30からの部に参加してきたので、その時の様子をレポートしたいと思います。あくまでも管理人の参加した回の情報がメインなので、その他の回とは若干内容が異なる可能性もありますがご了承ください。

スポンサーリンク

開場〜入場まで

管理人がZeppDiverCityに到着したのは15時過ぎ頃、あいにくの雨でしたが、すでに会場付近には多くのファンが集まり熱気に包まれていました。

小雨の降るなか並んでいたのですが、準備に手間取っているようで10分ほど押しての会場となりました。

今回は事前に告知されていた通り全員に本人確認が実施され、顔写真付きの身分証もしっかりと本人と見比べていたり、かなり厳格な本人確認が行われていました。

実際に身分証チェックに引っかかって入れなかった人もいたようです。ここまでしっかりした身分証チェックは今までの乃木坂46のイベントでは経験したことがなかったかもしれません。

しかし、きちんと指定された身分証を揃えている人は全く問題ありません。その後はいつもの通り手荷物検査と金属探知機へ。管理人も1分もかからず入場できました。

ロビーには関係者からの祝花も展示されていました。

このように、ロビーにはファンからだけでなく、関係者からもたくさんの祝花が。

あとは時間まで自分の席で待つだけなのですが、会場内は乃木坂46の曲は一曲も流れず、ずっと洋楽popsが流れていました。テイラースウィフトなど有名なものばかり。

開演間際にはうっすらと欅坂46メンバーの掛け声が聞こえてしましたが、はっきりしたことまでは聞き取れず・・・。

いよいよお見立て会スタート!

開演も10分ほど押しましたが、MCの女性の方が登場し、いよいよお見立て会がスタート。

MCの方からイベントの概要と注意事項の説明があり、「最後に握手があるので、これからの自己紹介を聞いて、応援したいと思える子を一人選んでくださいね。」とのこと。そう言われると「しっかり聞かないと」となんだか身構えてしまいます。

そしていよいよ、メンバー全員が一斉にステージ上に登場しました。やはりどのメンバーも、動画や写真より実物の方が可愛いです。

まずはメンバーを代表して渡辺・平手・鈴本・今泉の4人から挨拶です。かなり緊張しているようでしたが、この日のためにメンバー全員練習してきたので楽しんでもらえるように頑張ります、とのこと。

そしてその後はメンバー一人ずつ前に呼ばれて自己紹介タイムです。持ち時間は一人3分くらいだったと思います。20人の自己紹介で約1時間ほど。夜の部では最年少の平手友梨奈から始まり、年齢順での自己紹介でしたが、ここでは五十音順に紹介させていただきます。

石森虹花

彼女には3つの目標があるらしく、1つ目は、世界中に存在するすべての犬種と会うこと。2つ目は、欅坂46を世界一のアイドルにすること。3つ目は、被災した地元東北・宮城をもっと盛り上げること。

緊張はしていたと思いますが、他のメンバーより落ち着いて喋れていたのが印象的でした。

今泉佑唯

今までは輪の中心になるような人間ではなかったけれど、欅坂46では中心になれるように頑張りたいとコメントしました。

そして最後には。この日のために作詞したというオリジナルソング「素顔」をアカペラで披露。ところどころ緊張は見られましたが、その歌唱力は会場のファンを惹きつけていました。

上村莉菜

中学生からアイドルが好きだったという彼女は、乃木坂46では齋藤飛鳥の握手会にも足を運んでいたそうです。今も寝る前には乃木坂46のブログやライブ映像を見ているとか。

そんな彼女は特技披露でトランペットを披露したのですが、腕前はみなさん知っての通り。その他にも準備するときにマイクに頭をぶつけて笑いを起こしたりと、すでにいじられキャラのポジションを確立していました(笑)

尾関梨香

よく小学生に間違われるという尾関梨香。心はちゃんと18歳だそうです。

特技の習字を生かして、一句披露してくれました。

「欅坂 パフォーマンスで皆様に 届けていきたい 生きる希望」

お昼の部ではまた違う句を披露していたようですね。

織田奈那

故郷である浜松から東京に出てきて、いろいろと苦労しているという彼女。お昼の部では泣いてしまったらしいのですが、夜の部では最後まできちんと自己紹介をやり遂げました。

何より家族が大好きだという彼女は、実家から送ってもらった三ケ日みかんを食べて、家族を思い出しながら東京での生活を頑張っているそうです。

小池美波

緊張しておとなしく見られがちだけど、実は人と話すことが大好きだという彼女。あだ名は「みーちゃん」と呼んで欲しいそうです。

チャームポイントは肌が白いことと、ほっぺたが柔らかいこと。そして、手のひらが肉球みたいにプニプニしていること。「後で握手の時に触りに来てください。」とアピールしていました。

小林由依

「普通の家庭で育った普通の女の子です。今はまだ何も出来ないけれど、つい最近まで普通の女の子だったからこそ、皆さんに親近感を感じてもらえるかもしれません。」と自己紹介。

最後は唯一ちょっとだけ出来るという弾き語りを披露してくれました。ワンフレーズでしたが、彼女も歌唱力はありそうでした。

斎藤冬優花

前髪を上げた姿が印象的な彼女でしたが、この日は前髪を下ろしての登場でした。あだ名は「ふーちゃん」と呼んで欲しいとのこと。

「私は46グループに求められる上品さがありません。今はまだ皆さんが求めるアイドルになる自信がないけれど、こんな私をアイドルとして一から育ててください」と少しネガティブとも取れる自己紹介でした。

佐藤詩織

特技である、絵画・書道・バレエを披露しました。

絵画は、高校生の時に書いたというミランダ・カーの肖像画。これはさすがにかなり上手でした。書道では、好きな四字熟語だという「凡事徹底」と言う字を披露。ちなみに意味は「当たり前のことを徹底して行うこと。」という意味です。

そして、最後はバレエのターンで締めくくりました。どの特技もレベルが高くて、その多才ぶりが伺えました。

志田愛佳

番組での自己紹介の時と同様、独特のトーンで自己紹介が始まりました。マイペースで、気持ちを表情に出すのが苦手だという彼女は、そんな自分を変えたくて欅坂46に入ったそうです。

バレーボールを持っていたので、ついに披露してくれるのかと思いきや、何もせずにそのまま持ち帰って結局披露はしてくれませんでした(笑)

菅井友香

いきなりかなりお上品なお嬢様キャラで自己紹介を始めた彼女。

「あれ?こんなキャラだっけ?」と皆が思い始めたところで、「・・・なーんて!番組ではお嬢様キャラがついてしまっている私ですが、普通の明るくて動物好きな女の子です!」とネタばらし。

本当に明るくて、性格も良さそうなところが好印象でした。

鈴本美愉

とにかくポジティブで食べるのが大好きだという彼女は「いい天気だなぁ〜」とか「何食べようかなぁ〜」と考えているだけで、元気になれるそうです。

好きな食べ物は、栗。「ケーキなら、モンブラン。ご飯なら、栗ご飯。お菓子なら、栗きんとん。でもやっぱり一番は素材の味が楽しめる天津甘栗が大好きです。」と、やっぱり栗推しでした。

長沢菜々香

もともと乃木坂46ファンだったという彼女は、去年宮城でのライブにも参加したそうです。実際にその時のツアータオルも披露してくれました。

なかでも生田絵梨花を尊敬していて、ライブで感銘を受けたという「何度目の青空か?」を、得意のバイオリンで披露してくれました。いつか欅坂46の曲を弾くのが夢だそうです。

土生瑞穂

実際に他のメンバーと並んでいるところを見ると、やはりその背の高さが目立ちました。

そんな彼女ですが、「進撃の土生と呼ばれていますが、好きな食べ物は、人間ではありません。チョコレートです。」と、いきなり会場の笑いを誘っていました(笑)

アニメやボカロが好きだという彼女は、休日はもっぱらカラオケにこもってボカロ曲を歌っているそうです。ちなみに、好きなアニメはラブライブだとか。

原田葵

「2000年生まれのミレニアムベイビーです。」と自己紹介。人懐っこく、話すのが大好きだという彼女は、確かに自己紹介の際中も笑顔が絶えませんでした。

あだ名は「変人人」ではなく、「あーちゃん」とか「あおい」と呼んで欲しいそうです(笑)

平手友梨奈

小さい頃から周りにあまり期待されて来なかったという彼女は、そんな自分を変えたくて欅坂46のオーディションを受けたそうです。

「私はちやほやされたくてアイドルになったわけではありません。生駒さん・白石さんのような、人に勇気を与えられるアイドルになりたいです。」と、最年少とは思えない意志の強さを感じる自己紹介でした。

守屋茜

特技のソフトテニスを活かして、素振りをしながらの自己紹介をすることに。

好きな色は、ピンク。チャームポイントは、長い睫毛と、小指だそうです。あとは正直素振りに気を取られて、あまり覚えられませんでした(笑)

運動が得意だということで、「欅って、書けない?」の運動会企画が楽しみです!

米谷奈々未

20人中、最も元気で声も大きかった彼女。とにかく明るくて、人見知りも全くしないそうです。

友達には「奈々未」とか「ななみん」と呼ばれていたそうですが、憧れの人である橋本奈々未と同じあだ名は恐れ多いので「よねみん」と呼んで欲しいそうです。

最後は座布団に正座し、特技だという般若心経を唱えてくれました。シュールでした(笑)

渡辺梨加

最年長ということで皆のお姉ちゃんみたいになりたいと言っていた彼女ですが、すでにメンバーからは妹のように思われているそうです。

今は人見知りで、ドジで頼りないけど、これから欅坂46の活動を通して頼られるようになっていきたいと、目標を語りました。

常に「えっと・・・んと・・・」と思い出しながらしゃべる姿が、とにかく可愛らしかったです。

渡邉理佐

いきなり「東京メトロ半蔵門線永田町駅にある長いエスカレーターが好きです。」と自己紹介し、会場の笑いを誘っていました。路線図を眺めるのが好きだとも言っていましたが、やっぱりちょっと変わってますよね(笑)

そして、最後には特技である「右手が必ず勝つ一人ジャンケン」を披露。ちなみに、左手が強い人募集中だそうです。

ここでいきなりサプライズ発表

全メンバーの自己紹介が終わったところで、いきなり会場が暗転。モニターに「緊急告知」の文字が映し出され、サプライズ発表が行われました。

その内容とは、2016年1月30日に代々木第一体育館で行われる「ニッポン放送 LIVE EXPO TOKYO 2016 ALL LIVE NIPPON VOL.4」にオープニングアクトとして出演が決定したというものでした!

単独ではありませんが、欅坂46初のライブパフォーマンスが見られることになります。

そしてこのサプライズはメンバーにも知らされていなかったらしく、発表の瞬間にはステージ上から悲鳴が。涙ぐみながらも喜んでいるメンバーたちの姿が見られました。

この件についての詳細は、また別の記事で改めて紹介したいと思います。

グループに分かれて握手タイム

サプライズ発表の後は、いよいよ握手タイムです。メンバーはいったん準備のためにステージから退場します。

そしてその後、3グループに分かれての握手会が行われました。この握手会はなんとステージ上で行われ、握手の様子はモニター上にも写しだされます。待っている間握手の様子が見られたのは良かったですが、自分が握手している姿を見られるのは恥ずかしかったです(笑)

夜の部では、Cグループ→Bグループ→Aグループの順で握手が行われ、各自自分が握手をしたいメンバーのいるグループの握手会に参加し、そのまま帰宅となります。

ちなみに、各グループのメンバーは次の通りです。

  • Aグループ・・・石森虹花・今泉佑唯・上村莉菜・尾関梨香・織田奈那・小池美波・小林由依
  • Bグループ・・・齋藤冬優花・佐藤詩織・志田愛佳・菅井優香・鈴本美愉・長沢菜々香・土生瑞穂
  • Cグループ・・・原田葵・平手友梨奈・守屋茜・米谷奈々未・渡辺梨加・渡邉理佐

Cグループでは、渡辺梨加・守屋茜の2人が同じくらいの人気でした。Bグループでは土生瑞穂が圧倒的な人気で、彼女だけ専用の待機列が作られるほど。

管理人はBグループに参加したのでAグループは見られていないのですが、噂によるとそちらでは今泉佑唯が人気だったようです。

遮るものが何も無いステージ上での握手ということで、列が途切れたメンバーの不安そうな姿が少し可哀想でした。とはいえこれからどんどん格差はついてしまうと思うので、仕方が無いんでしょうが・・・。

まとめ

長くなりましたが、初のイベント「お見立て会」では初めてメンバーを生で見ることが出来て、握手も出来て、大満足なイベントとなりました。

やはり実物はどのメンバーも本当に可愛くて、今回のイベントで更に応援したい気持ちが強まりました。またイベントがあれば、必ず参加したいと思います。

また、今回の記事は管理人の記憶を頼りに書いた記事なので、間違い等あるかもしれません。もし間違いや、気になったところがあればコメントで指摘してくだされば、間違いが確認でき次第修正させていただきます。

15日のイベントに参加する方も、ぜひ楽しんでくださいね!

 - レポート・感想