欅坂46にゅーすらぼ

欅坂46に関する様々な情報をお届けするブログです。

【乃木坂46】太陽ノック初動60万枚突破!この勢いに鳥居坂も続け!

      2015/11/27

1bSRCL8842_FN1A_H1-4_prep.pdf

出典:Sony Music

乃木坂46の12th『太陽ノック』の売り上げが初動60万枚を突破しました!

これで3作連続の累計60万枚突破となり、過去のデータによれば累計枚数の記録更新も確実となりそうです。セブンイレブン限定盤の発売という助けもありましたが、それでも十分凄い枚数です。

まさに『うちらは乃木坂!上り坂!』といった感じですね!

スポンサーリンク

AKBグループのシングル売り上げ比較

そもそも、AKBの公式ライバルということで作られた乃木坂46。

初動60万枚という数字がどのくらい凄いのかピンとこない人も多いと思うので、今の乃木坂の勢いがどれほどのものなのか、各グループの最新シングル初動枚数をランキングにしてみました。

  1. AKB48『僕たちは戦わない』167万3211枚
  2. SKE48『コケティッシュ渋滞中』64万451枚
  3. 乃木坂46『太陽ノック』60万5043枚
  4. NMB48『ドリアン少年』37万1276枚
  5. HKT48『12秒』27万7916枚

こうやって改めて並べてみると、AKB48の売り上げの凄さが際立ちますね・・・。

本店のAKB48にはまだまだ遠く及びませんが、もはや支店の中ではSKE48との熾烈な2位争いといった感じ。

実際に前作や前々作では、初動枚数では乃木坂が上回っていました。しかし、SKE48の最新シングルで再び抜き返されたカタチとなっています。

そろそろAKBのライバルを名乗れる?

CDを発売すればミリオン確実、そして選抜総選挙はもはや国民的イベントと、公式ライバルと呼ぶにはあまりにも大きな存在のAKB48。

乃木坂結成当初は、誰もがライバルなんて無理だと思っていました。

しかし、2015年に入ってから急激な成長を遂げている乃木坂の活躍を見れば、「近い将来ありえない話ではないのかも?」と期待させられます。

少し気が早いかもしれませんが、去年は逃した紅白歌合戦も、今年こそ悲願の出場を果たして欲しいですね。

このまま右肩上がりに人気が出て行けば、2016年、いや、早ければ2015年にもAKBの公式ライバルだと胸を張って言える日が来るのではないでしょうか?

そして鳥居坂46の結成

この勢いに乗ったまま、初の姉妹グループとして鳥居坂46が結成されます。乃木坂メンバー的には妹分といった感じになるんでしょうかね?

結成当初は、巨大なAKBグループの片隅で肩身の狭い思いをしていた乃木坂46。同じ坂道シリーズとして、お互いに頼もしい存在になることでしょう。

そういった存在はきっと乃木坂にも、鳥居坂にも良い影響があるのではないかと思います。

これからますます、乃木坂・鳥居坂の今後が楽しみになりますね!

 

 

 - CD, 乃木坂46