欅坂46にゅーすらぼ

欅坂46に関する様々な情報をお届けするブログです。

乃木坂46武道館アンダーライブ&Merry X’mas Show2015座席表

      2015/12/03

アンダーライブ&クリスマス武道館ライブ座席表

2015年の12月17、18日にはアンダーライブが、そして12月20、21日には毎年恒例のクリスマスライブが、日本武道館で行われることになりました。

乃木坂46単独での武道館ライブは2013年のクリスマスライブ『Merry X’mas Show 2013』以来の開催で、また、アンダーライブとしては初の武道館公演となっています。

今回は2013年のクリスマスライブの情報をもとに、武道館ライブでの座席配置、そして各座席からのステージの見え方もご紹介します。

スポンサーリンク

日本武道館座席表

まず、こちらが日本武道館公式サイトに掲載されている座席表です。

乃木坂46武道館ライブ座席表

出典:日本武道館公式ホームページ

アリーナ席の配置は各アーティストのライブごとに変わりますが、スタンド席は基本的にはこの画像のままになります。

ただし、死角となってしまう「北、北西、北東」の3つのブロックに関しては、先行・一般販売ともに割り当てられることはないのでご安心ください。

※Merry X’mas Show2013では、北西・北東ブロックの一部が「ステージサイド席」として追加販売されました。

アリーナ席に関しても、前回の武道館ライブでは花道や外周は作られていなかったので、基本的にはこの座席表通りに考えてもらえれば大丈夫だと思います。

それぞれの座席からの眺め

公式サイトの座席表を見ると、同じスタンド席でも「1階席の方が2階席よりも近い!」と感じてしまいがちですが、そういうわけでもありません。

1階席は2階席のほぼ真下に設置されているため、距離的にはほぼ同じとなっています。

こちらの画像を見れば、一目瞭然ですね。

1階席と2階席のステージへの距離はほぼ同じ

(1階席の真上に2階席が来る構造になっている。出典:livehis)

公式サイトの座席表は、あくまでもわかりやすく図面化されたものと思っておいてください。

実際に、各座席から見たステージの見え方は、こちらのページを見ていただくとわかりやすいかと思います。

参照:日本武道館ステージの見え方 — livehis

画像にある赤丸をクリックすると、実際にその席からの眺めが画像で表示されます。

双眼鏡があれば、より楽しめる

武道館はそんなに大きな会場ではないので、普通に楽曲やパフォーマンスを楽しむ分には双眼鏡などは必要ないかと思います。

ただ、二階席後方の席だったり、メンバーの表情までしっかりと見たいという方は、双眼鏡も忘れずに持っていくようにしましょう。

MCの間などは、喋っているメンバー以外はなかなかモニターに映されません。双眼鏡があれば、自分の推しのメンバーのリアクションも追うことが出来ますし、ライブがより楽しいものになるかと思います。

コンサート用の双眼鏡として、評判の高いもの、コスパの優れたものも一つ調べておきました。もしまだ双眼鏡を持っていないという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 - ライブ, 乃木坂46