欅坂46にゅーすらぼ

欅坂46に関する様々な情報をお届けするブログです。

鳥居坂46の最終審査&記者会見の行われる21日に、NGT48が初お披露目!同日開催でライバル視?

      2015/12/01

鳥居坂46最終審査と、NGT48の初お披露目が同日に開催

出典:AKS

7月25日に最終審査が行われ、合格者22名が発表されていたNGT48。

一般のファンへ向けた初お披露目を8月21日、新潟市内で行うことを発表しました。辞退者の確認やメンバーとの契約も済み、お披露目の目処が立ったということなのでしょう。

しかし、8月21日といえば、鳥居坂46の最終審査の日です。審査後には合格者の発表を兼ねた、メディア向けの記者会見もあります。

わざわざその日程にぶつけてきたということは、NGT48運営の何らかの意図を感じますよね。

スポンサーリンク

NGT48、鳥居坂46をいきなりライバル視?

そもそも48グループと46グループは、公式ライバルというコンセプトで作られたグループで、お互いをライバル視させることは当たり前といえば当たり前です。

しかし初お披露目といえば、出来るだけ多くの人に見てもらいたいはず。わざわざ日程を被せなくても良かったのでは・・・という気もしますが、そこはNGT48なりのライバル心の現れなのではないでしょうか?

そういえばNGT48の合格者が発表された時、飛び抜けたルックスで注目されていた子が一人いたのを覚えています。

その時はネット上で「この子は鳥居坂にいったほうが良かったんじゃ・・・。」なんていう声もありました。そんな風に言われてしまうと、NGT48運営からすれば、なんだか下に見られているみたいで面白くありませんよね。

オーディションの日から1ヶ月弱の準備期間を経て成長した姿を披露して、48グループの実力を改めてアピールしてやろうといった気迫が伝わってきます。

現時点での注目度を比べる絶好の機会

NGT48の初お披露目、そして鳥居坂46の合格者記者会見、どちらも多くのメディアが招待されることが予想されます。

これは運営としても、ファンとしても、どちらのグループが現段階で注目されているか知る絶好の機会になると思います。

どちらがより多くのメディアを集めるか

同日に開催されることになった、今回の両グループのイベント。会場も東京と新潟と離れているので、同じ記者が両方に参加することは難しいでしょう。各メディア記者の人数も限られているので、必然的にどちらかのイベントに人数は偏るはずです。

つまり、どちらのイベントにより多くの記者が集まるかが、注目度を計る目安になると言えます。

もちろん東京で開催される分、鳥居坂46のほうが有利ではありますが・・・。

メインで報道されるのはどちらか

そして、注目度を知るもう一つの指標としては「どちらがメインで報道されるか」というところになります。

同じ日に似たようなニュースがあれば、『鳥居坂46の一期生メンバーが決定!新潟では先日決まったNGT48の初お披露目も!』といった感じで、メディアとしては合わせて報道することになるでしょう。

ここでどちらがメインで扱われるかといった点がポイントになります。ちなみに先ほど例で出した見出しだと、鳥居坂46がメインに扱われていますよね。

メディアはあくまでも、より世間が注目を集めるであろう見出しで特集を組むので、世間の人がどちらに注目しているかを知るいいバロメータになるわけです。

勝ち負けがつくわけではない

ただ、別に今回の件で勝ち負けが着くわけでもありませんし、その注目度がグループの優劣になるわけでもありません。

あくまで”現段階での注目度”を知ることが出来るだけです。

鳥居坂46もNGT48も、お互いにライバルとして切磋琢磨して、良いグループになるといいですね!

 - ニュース