欅坂46にゅーすらぼ

欅坂46に関する様々な情報をお届けするブログです。

欅坂46デビューシングルが「サイレントマジョリティー」に決定!mechakariとのコラボCMも本日より放送開始

   

欅坂46デビューシングルが「サイレントマジョリティー」に決定出典:mechakari公式サイトより引用

欅坂46のデビューシングルのタイトルが「サイレントマジョリティー」に決定し、mechakariのCMソングとしても使用されることが明らかになりました。

3月7日夕方よりテレビでも放送されるCMは、メンバー21名の個人にフィーチャーした21パターンと、総集編1パターンの全22パターン。全てのCMがmechakariのYouTubeチャンネルで視聴することが出来ます。

スポンサーリンク

「サイレントマジョリティー」は表題曲で確定!

YouTubeでCMが公開された直後、「サイレントマジョリティー」は表題曲なのかカップリングなのかまだ確定していませんでした。

しかし、7日昼に行われた記者会見では正式に欅坂46の1stシングルとして紹介され、「サイレントマジョリティー」が表題曲であることが確定したようです。

平手友梨奈「先輩とは違う、欅らしい色を出せれば」

また、同楽曲でセンターを務める平手友梨奈は、「先輩が乃木坂46さんなので、ちょっとでも違った欅らしい色を出せればと思います。1stシングルがカッコいい曲でメッセージ性が強い歌詞なので、そこをちゃんとパフォーマンスで見ている方に届けられたら」とデビューに向けた意気込みを語りました。

YouTube「mechakariチャンネル」にて全パターン公開中

YouTube「mechakariチャンネル」では、放送中のCMはもちろん、テレビ未公開の動画や、WEB限定動画なども公開。初めてのCM撮影に戸惑いながらも、21パターンの個性あるCMに仕上がっています。

参照:「mechakari」YouTubeチャンネル

けやき坂46長濱ねるも登場

また、残念ながら選抜からは外れてしまってい長濱ねるも記者会見に登場。YouTubeには彼女のCM動画もアップされています。

長濱ねるは会見で、「女性に水をかけるシーンがあって、やったことがなくて難しかったので9回くらいやり直しました。相手の方が初対面だったので躊躇してしまって」とエピソードを披露。最後は「(周りに)迷惑がかかってたのでもう行くしかない」と思い切って演じたそうです。

まとめ

ついにデビューシングルのタイトルが「サイレントマジョリティー」に決定し、いよいよデビューの実感が湧いてきました。

タイトルとなった「サイレントマジョリティー」とは、「物言わぬ多数派」「静かな多数派」という意味で、かつてニクソン大統領が演説に使った言葉として有名です。

果たしてこの言葉が欅坂46にどういった意味で使われているのか、欅坂46の声なき声とはどんなものなのか、フルバージョンを聴くのが楽しみです。

 - CD ,