欅坂46にゅーすらぼ

欅坂46に関する様々な情報をお届けするブログです。

「おもてなし会」落選多数にも関わらず空席が目立つ。原因はやはり転売か

   

おもてなし会には空席が目立つ

2日間全3公演の「おもてなし会」が、無事に終了しました。その内容もファンには好評で、イベント自体は成功だったと言えるでしょう。

しかしその裏で、空席が目立っていたことが残念でなりません。

今回のおもてなし会はチケット倍率も高く、落選者が多数の人気イベントのはずでした。しかし実際、会場では多くの空席が見られたようなのです。

スポンサーリンク

落選者多数だったはずの「おもてなし会」は空席が目立つ

ネット上では、実際におもてなし会に参加したファンからも空席についての報告が多数上がっています。

原因はやはり転売か

実は、以前のお見立て会でもこういった報告が見られていました。原因としては幾つか考えられますが、やはり転売による影響が大きいのではないでしょうか。

極端に値段が安いので、「あまり興味はないものの応募し、結局行かなかった」という人もいるとは思いますが、大部分が転売関連による空席だと思われます。空席は行けなかったファンにとっても悔しいですし、何よりこれまで一生懸命練習してきたメンバーにとっても悲しいものです。

今後の対策に期待

空席が目立ったことは残念ですが、運営がしっかりと対策をしていたという意味では今後にも期待ができます。

空席ができた原因として、

  • 転売屋:転売目的で当選したものの、当日までにチケットが捌けなかった。
  • 購入者:転売からチケットを入手したものの、本人確認で引っかかった。

以上のパターンが考えられます。

今後、”身分証がないと売れない”と分かれば転売屋は減るでしょうし、今回のように本人確認をしっかりと行っていれば、転売屋から購入するファンも少なくなるはずです。

今回の空席が、運営が本人確認の徹底を行った結果だとすれば、今後はもう少しまともな環境になるのではないでしょうか?

まとめ

おもてなし会自体は大成功だっただけに、空席が目立ったのは残念でしたね。正直、空席があるなら管理人も入りたかったです。

しかし、全員に本人確認を実施して、コストをかけてでも転売対策を行っている運営の姿勢は評価しなくてはいけません。

今後もこのまま続けていけば転売も減るはずです。そして、”参加したい人が参加出来る”正常なイベントになるでしょうし、そうであって欲しいと願っています。

 - イベント