欅坂46にゅーすらぼ

欅坂46に関する様々な情報をお届けするブログです。

『欅って、書けない?』#11 まだまだ暴かれるメンバーの深層心理 内容まとめ

   

欅って書けない?#11 初めての心理テスト後半戦出典:『欅って、書けない?』#11より引用

『欅って、書けない?』#11は、初めての心理テスト後半戦ということで、前回に引き続き亜門虹彦先生にメンバーの深層心理を見ていただきます。

どうやら亜門先生は前回の放送でメンバーを泣かしてしまったことに罪悪感を感じているようで、#11ではかなり言葉を選びながら解説しています。お茶目で面白い先生ですよね(笑)

というわけで今回も、そんな『欅って、書けない』#11の放送内容を簡単にまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

第1問「釣りポイント(セールスポイント)」

後半戦の第1問は、「1匹のパンダの絵を自由に描いてください」というもの。

ここでのパンダは、アイドルである自分自身を表します。そのパンダの姿や状態、持ち物などから、アイドルとしての釣りポイント、つまり自分が推していきたいセールスポイントがわかるそうです。

顔の可愛さだけでファンを獲得

パンダの顔だけを描いた人は、文字通り顔の可愛さを推していきたいと思っているそうです。ここに当てはまるのは、石森・上村・守屋・渡邉・長濱の5人。

みんな否定していましたが、出ちゃってるんだから仕方ないですね(笑)

自然体でファンを獲得

パンダが笹を食べている絵を描いた人は、自然体でファンを獲得したい人。今泉・志田の2人が当てはまっていましたが、確かに当たっている気がします。志田愛佳は特に自然体のイメージが強いですよね。

特技でファンを獲得

パンダが手に笹を持っている絵を描いた人は、特技でファンを獲得したいと思っている人。小林・米谷・菅井・長沢の4人が当てはまりました。楽器や乗馬、般若心経など(笑)、特技が印象的なメンバーですね!

スタイルの良さ、セクシーさでファンを獲得

何も持たず、パンダの全身を描いた人は、自分のスタイルの良さやセクシーさを売りにしたい人。確かに、スタイルの良い土生・平手の2人がこの回答に当てはまっています。

他にも珍しい回答が・・・

唯一パンダに吹き出しをつけて描いた織田奈那は、トークでファンを獲得したいと思っているとか。メンバーからも織田奈那は面白いと評判でした。

さらに、パンダが寝ている絵を描いた小池美波はファンに媚びるのが苦手ということで、塩対応が売り。ブログなど見ている限りそうは見えませんが・・・お見立て会の握手では、本人曰くほとんど「ありがとうございます。」しか言えなかったとか。

第2問「欅坂46内で自分が何番目にカワイイか」

第2問は「”花”という漢字を1回だけ使って、20文字程度で文を自由に作ってください」というもの。

この問題の”花”とは自分自信の魅力や美しさのことで、文章のどこに”花”を入れるかで、自分が何番目にカワイイと思っているかが見抜かれてしまいます。20文字程度というのは、欅坂46のメンバー数を表していたんですね。

自分が一番カワイイと思っているのは・・・

“花”を一番最初に持ってきた人、つまり自分が一番カワイイと思っているのは、齋藤・佐藤・志田・平手・渡辺の5人。ただ佐藤詩織に関しては花を2回使っていて、一番可愛くなりたいという理想と、なかなかそうはいかない現実との間で葛藤があるようでした。

メンバーの書いた文章まとめ

この問題では、テストの結果よりも回答の文章に個性が出て面白かったので、わかる範囲でまとめてみました。

  • 佐藤詩織・・・「花ことば あの人想い 花選ぶ」
  • 齋藤冬優花・・・「花はとってもきれいだけどきみのほうがきれいだよ。」
  • 志田愛佳・・・「花と鼻は読み方が一緒だから外国人が覚えるの大変そう。」
  • 渡辺梨加・・・「花火大会に行ってりんごあめ食べたい。」
  • 平手友梨奈・・・「花は…キレイで かわいくて あざやかで とても目をひかれる植物です。」
  • 長沢菜々香・・・「7月28日、火曜日、晴れ、昨日まで、つぼみだったヒマワリがやっと花を咲かせました。」
  • 織田奈那・・・「私は花のように美しくなりたい。」
  • 原田葵・・・「お花屋さんへ行って、向日葵の花を買って植えた。」
  • 上村莉菜・・・「私の名前の莉菜の菜の字は 菜の花の菜だよ。」

そしてここでは、20文字をはるかに超える文字数で、しかも”花”という字もかなり後半に書いた長沢菜々香が、その自信の無さからか号泣。先週に引き続きの号泣で、またしても土田さんの栗が登場します(笑)

第3問「今の環境への不満が明らかに」

第3問は「あなたが正義のヒーローに変身!変身後の姿を、自由に描いてください」というもの。不正を正す”正義の味方”をどう描くかで、現状への不満度を見抜きます。

不満のないメンバー

普段の自分と変わらない姿を描いた平手・渡辺の2人は、現状にはほとんど不満はないようです。全然変身した感のない絵を描けるのは逆にすごいですよね。

不満の大きいメンバー

激しいビームを描いた小池美波や、大きな武器を持ったヒーローを描いた原田葵は、不満が溜まっているです。

欅坂46への不満は否定しましたが、よくよく聞いてみると2人とも家族に不満を持っている様子。どちらもとても可愛らしいエピソードでしたが(笑)

第4問「他のメンバーをどう思っているか」

第4問は「メンバー全員で牧場に行って一日体験をすることに。そこで「馬」「犬」「牛」「ニワトリ」「ヒツジ」の世話をします。それぞれの動物の担当メンバーを振り分けてください。」というもの。

この問題では、それぞれのメンバーをどう思っているかが見抜かれます。

「馬」と「犬」では心理テスト失敗?

ただ、馬と言えば乗馬が得意な菅井友香が、犬も犬好きの石森虹花がいるということで、その2つはほとんどが2人の名前で埋まってしまいました。

これには亜門先生も「この2問は失敗だったかもしれませんが・・・」とまさかの失敗発言(笑)。しかし他の3つは結構当たっているみたいです。

牛は「利用価値があるメンバー」

この問題では、織田奈那が8票を集めて第1位に。確かに皆からイジられていますし、ブログでも皆に三ケ日みかんを配っているイメージです。

「三ケ日みかんのために利用されている」ということでしょうか?(笑)

ニワトリは「ちょっとウルさくてウザいメンバー」

ここでは、原田葵が11票、齋藤冬優花が8票でツートップに。もっと票が割れても良さそうですが、意外と特定のメンバーに集中するのが面白いですよね。

個人的に、原田葵は”明るく元気なみんなの妹”、齋藤冬優花は”場を盛り上げるムードメーカー”なイメージがそれぞれあります。確かに、ウルさいというか、賑やかという意味では当たっているかもしれません。

ひつじは「どうでもいいメンバー」

正直一番選ばれたくない項目ですが、渡辺梨加が8票、小池美波が7票となりました。

2人とも大人しくて無害そうなイメージがあるので、そのせいで選ばれてしまったと信じたいですね・・・。「どうでもいい・興味が無い」と言われるのは、嫌いと言われるよりも辛いです。

まとめ:次回からは新スタジオ・新制服

#10と#11の2週にわたって放送された心理テスト企画。メンバーの個性も徐々に出てきて、さらに亜門先生のキャラクターも相まって面白い回でしたね!

次週は、ジェットコースターで欅坂46メンバーのリアクション力チェック。絶叫マシンが苦手なメンバーもいたと思いますが・・・予告を見ただけでも期待出来そうです(笑)

そして更に、いよいよ本拠地となる新スタジオ、そして新制服での収録になるようです。

参照:欅坂46の新制服、学年ごとに2パターンある模様!初お披露目はFNS歌謡祭か?

来週の『欅って、書けない?』も今から楽しみですね!

 - 出演